1. Top » 
  2. 大学

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

国家的詐欺~法科大学院編



 ええ(笑)、大学の詐欺についてはこのブログの人気?シリーズになっていますが、今回は法科大学院についてです。まず記事を

バナーを間に入れたらランキングが上がるかtast
人気ブログランキングへ東大生ブログランキングFC2ブログランキング[ニート ランキング]


多すぎた法科大学院…新司法試験、崩れた構想
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090923-00000049-yom-soci

 法科大学院の修了生を対象にした新司法試験の合格率が低迷している。

 4回目となった今年の合格者数は2043人で、初めて前年割れとなり、合格率も27・64%と3割を切った。法科大学院で充実した教育を行い、修了生の7~8割が合格できる――。そんな当初の構想は崩壊し、受験生たちからは「国による詐欺だ」との声も漏れる。なぜ、新司法試験の合格率はこれほどまでに低いのか。

 ◆受験資格◆

 「幅広い人材を法曹にとの理念はどうなったのか」

 合格発表があった今月10日。愛知県内の受験生の男性(26)は、その低い合格率に衝撃を受けた。自身も2回目の挑戦だったが、不合格。新試験は5年間で3回不合格だと受験資格を失うため、次がラストチャンスになる。

 大学で美術を学んだが、法曹界が幅広い人材を求めていると知り、受験勉強をして、法科大学院の法学部以外の出身者を受け入れるコース(未修者コース)に入った。勉強のためアルバイトはできず奨学金を受けた。今後約700万円を返さなければならない。「次の試験に失敗したら、その後、別の仕事を探せるだろうか」と不安は募る。

 中国地方の法科大学院の教授は、未修者コースを修了した30代の教え子が3回目の受験に失敗し、受験資格を失った。「不況の上、年齢も高いこともあり就職も難しい。学校も支援するが、今後同様の修了生が増えたらサポートしきれるか……」と頭を抱える。

 ◆過剰定員◆

 「法科大学院の数が多すぎて、定員数が膨れあがってしまった」。ある法務省幹部は合格率の低さの原因をそう解説する。

 法科大学院と新司法試験は、幅広い見識を持つ法曹を数多く養成するという司法制度改革の一環で生まれた。国が掲げた目標は、2010年頃までに司法試験の年間合格者数を3000人へ引き上げるというもの。新司法試験は、知識詰め込み型の勉強が必要とされた旧司法試験と比べ思考力重視の内容とし、法科大学院は修了者の7~8割が新試験に合格できるような教育を行うこととされた。

 当初、適度な学校数と考えられていたのは20~30校。ところが、実際には74校が乱立し、定員は約5800人に膨れた。今年の試験に失敗した結果、受験資格を失った人は571人。関係者からは「就職困難な人を毎年大量に生み出すのは社会問題」との声もあがる。

 ◆教育の質◆

 14日開かれた中央教育審議会(文部科学相の諮問機関)の法科大学院特別委員会。特に今回の試験で、法学部出身者(既修者)より未修者の合格率が約20ポイントも低かった結果を受け、「合格の基準が未修者をすくい上げるものになっていないのでは」との指摘が相次いだ。だが司法試験を所管する法務省は、「既修者と未修者で合格ラインを変えるわけにはいかない」と言う。

 一方、司法試験合格後、司法修習生となった人が法曹資格を得るために受ける卒業試験でも、不合格者数が増えている。不合格となった法科大学院出身者の答案には、「疑わしきは被告人の利益に」という刑事裁判の原則などを理解していないものもあり、法科大学院の教育の質も問われている。

 新司法試験の合格率の低さから、すでに法曹を目指す人は減り始め、半分以上の学校で入試の競争倍率が2倍を切った。各校はようやく定員削減に乗り出し、来年の入学者の総定員は4900人程度になる見通しだ。しかし、青山学院大法科大学院の宮沢節生教授は「定員削減はまだ不十分。現状を放置すれば法曹志望者は今後も減り、特に未修者が遠ざかって、多様な法曹を養成できなくなってしまう」と指摘している。(中村亜貴)

 法科大学院の修了生を対象にした新司法試験の合格率が低迷している。

 4回目となった今年の合格者数は2043人で、初めて前年割れとなり、合格率も27・64%と3割を切った。法科大学院で充実した教育を行い、修了生の7~8割が合格できる――。そんな当初の構想は崩壊し、受験生たちからは「国による詐欺だ」との声も漏れる。なぜ、新司法試験の合格率はこれほどまでに低いのか。

 

 ◆新司法試験=2004年以降に開校した法科大学院の修了生を対象とし、毎年5月に実施。法学部出身者向けの既修者コース(2年制)修了生は06年から、他学部出身者や社会人向けの未修者コース(3年制)修了生は07年から受験している。合格率が3%前後と難関だった旧司法試験も10年までは存続する。



引用記事とオリジナル文のしきりにもw
人気ブログランキングへ東大生ブログランキングFC2ブログランキング[ニート ランキング]


 大学別合格率で東大より一橋が高くて、東大の教育糞だねなんてのはまあ今回の場合おまけ程度です。

相次ぐ大学の6年化
 狙いを想像するのは簡単ですね。大学教員の保身のためです。少子化でパイは減りますから、一人当たりがいる年数を長くしているんですね。法科大学院のほかにも、薬学部も6年制になりましたし、今度は教職大学院なるものを作るとか。薬学部や教職大学院は1年間だか実習だそうですね。それでも学費を徴収するんでしょうね。さきの大学院重点化などとも同じですね。法科大学院は授業料が高いらしいですね。儲かってるんでしょうね。
 法科大学院が他に比べて悪質といえるのはその宣伝文句?ですね。「8割が弁護士になれる」こんなこと言われれば行きたくなりますよ。大学院重点化の際は、旧帝大卒の肩書きが得られるということをセールスポイントにしていたようですが、弁護士はその比ではありませんね。

理念(笑)
「幅広い人材を法曹に」
これが理念だそうです。もちろん嘘なんでしょうね。大学の先生がやれっていったんだもんってのが本音でしょうね。特に法学部とかは大学と中央省庁の結びつきも強いでしょうし、裁判所など法曹の世界とも結びつきが強いので、大学教員サイドの意のままに改革?が進んだのでしょうね。

旧制度の廃止や新制度
 これは完全に大学に金を落とさせるための策略ですね。幅広い人材ということなら、誰でも試験に合格すればよい旧制度は廃止すべきじゃない。弁護士になりたい人を全員大学に通わせるということですね。旧制度じゃ大学院行くよりLECとかWセミナー行くほうがいいって感じがしますからね。強制的に受験資格を法科大学院終了にしたわけですね。旧制度も存続していれば法科大学院行って不合格だった人も旧制度の試験に挑戦できるじゃないですか。まあ、旧制度のほうがはるかに難しいようですが。それから5年間で3回までしか受けられないとかいうのもあるんですか。これはどういう狙いなんでしょうか。まさか3回落ちたら大学院にまた入れとかいうことなのでしょうか。

報道されている税金の無駄遣いなんてたいしたことない
 税金の無駄遣いとしていつも叩かれているのが、公共事業や天下りですが、家計への圧迫度合いを考えれば、このいわば、大学ねずみ講のほうがはるかに大きいでしょう。国立大学でも年間授業料は50万円を超えますし、法科大学院はもっと高いわけです。たしかにこれは一部の家庭の一時的なものともいえますが、これほど大学進学率が上がるとほぼ全国民に影響があるといってもいいのではないでしょうか。そしてお金が無くていけない人は借金していってくださいといって奨学金は貸与型のものが用意されているわけですね。
 給付型の奨学金を充実させられないのはもちろん増える大学の運営費などに資金を使ってしまっているからですね。それに、大学生の数も多すぎて給付にしたらとんでもないことになる。そもそも学生や保護者から学費と吸い上げることが目的なので給付になるはずがないといったほうが正しいのでしょうかね。


企業もグルなのか
 こんな大学なんか一部の大学、専攻を除いて基本的には行っても意味が無いのは目に見えていますが、行くしかないのはなぜでしょうか。それは、企業が入社する条件に「大卒」を掲げていることです。セックスや酒を考えなければ、大学なんてほとんどの場合、何も身につきませんから、能力的には高卒と変わらないわけです。セックスや酒が好きなら高卒でもいい社畜になれるわけですし。
 そう考えると、企業の無意味な大卒条件はこの大学ねずみ講を助長しているというか、グルになってすすめているとしか考えられませんね。

まとめ
 家計の圧迫は税金の無駄遣いをはるかにしのぐのがこの大学ねずみ講。借金をして大学に行って、さらに就職で苦しんだ現在の20代、30代は、そのために子供を持つことに抵抗がある人が多いようです。つまりは余計に少子化に拍車がかかるわけですね。最悪の悪循環ですね。

人気ブログランキングへ東大生ブログランキングFC2ブログランキング[ニート ランキング]
FC2 Management

【テレビ便乗】東大は死んだ

 ええ、せっかくアクセス数が多くなっているので、昨日のテレビのテーマである「東大は死んだ」について書こうと思います。しかしインターネッツって便利ですね。岩手でもリアルタイムで見れました。本日はケロロ軍曹も見ましたw

とりあえず事実誤認の訂正から
 ええ、例の番組では、東大の入試の倍率が10年だか20年だか一定だから東大はまだ人気だといっていました。たしか3倍くらいでしたっけ。これは、足きりを行った後の倍率かと思われます。足きりで二次試験に来る受験生を定員の3倍とかで一定にしているから何年も変わらなくて当然ですね。それに、国立大学では3倍は低いほうかと思います。国立ならたいていは5倍程度はあるはずです。多くのところは足きりしないでそのまま二次試験かと。都合のいいデータを使うのはお互い様ですが、せめて嘘はつくなと。で、東大の定員はたしか少しずつ減らしているはずです。だからやはり志願者数も減少傾向だと思います。最近は上位層は医学部に行きますしね。あと文3とかは足きりしない年も出ているんですよね。まあ、どうでもいいといえばどうでもいいけど。

東大は死んだように見えるのは事実。本当はもともと生きてない。
 たしかに東大の権威は大きく低下しています。でも、もともと生きていないというのが私の見解です。もともと教育サービスなんて皆無ですからね。でも何かが東大に権威を与えていたため、東大は優遇されていたのではないでしょうかね。それが最近は衆活においてはセックスと酒のほうが学歴より重要になったというだけです。まあ、セックスや酒を重視するくらいなら学歴重視のほうがいいと思いますけど。

これから生き残る大学
 番組では豊田工業大学と金沢工業大学がすばらかしい大学として出ていましたね。豊田工業大についてはトヨタが社畜を養成するtめに作った大学なのですから当然でしょうね。金沢工業大は教育に力を入れているようです。教育に力を入れることはいいことです。それから豊田工業大はトヨタが派遣労働者とかから吸い上げた金で運営されているのでしょうか。
 さて、教育に力を入れていることはいいことですが、両大学ともに社畜的人格養成にも力を入れているようです。豊田工業大学は寮生活、金沢工業大学は大学以外での生活も報告させているようです。おそらくこの中には単に勉強させるだけでなく、集団生活(笑)も取り入れていることでしょう。酒とかバイトとかサークルとか。
 関係あることかはわかりませんが、盛岡の専門学校でも就職面接用にか、ゴミ拾いなんかをしているところがあります。そもそもゴミをポイ捨てしなければゴミ拾いなど必要ない。はっきり言ってこの専門学生たちは普段は捨てる側の人間のような気もしますしね。
 ということで、勉強することはいいことですが、そういう奴隷マネキンになることはもちろん悪いことです。だから豊田工業大学とか金沢工業大学がいいとも言えないと思います。

小学校のような大学が生き残る
 まあ、それもないでしょうね。残念ながら大学競争には市場原理は働きませんからね。市場原理が働いて東大が潰れてくれればいいんですけどw たしかに両工業大学のようなところは産業界との結びつきが強いので生き残るでしょうけど、地方の文系大学とかはいくらサービスをよくしてもかわらないと思います。まあ、自動車って衰退産業ですから豊田工業大学も危ないかもしれませんがw それに入学者のレベルがあまりにも低い場合大学が頑張っても挽回できませんしね。そういえばなんか怪しげな大学研究家とかいう人が出てきましたよね。

大学生はどうすべきか勝手に提案
 やはり勉強すべきでしょうね。残念ながら大学は勉強する場所じゃありませんけどね。バイトとかサークルとか社畜の予行練習なんて必要ない。で、とにかく勉強して技術を身につけつつも、就職せずに1人で稼いでいくのがいいんじゃないでしょうかね。それで既存の会社に勝って会社が潰れてくれればいいですね。私にはそのような技術はありませんけど・・・

感想
 結局「コムヌケーソン能力がないと高学歴でもダメなんだよな」というお決まりのパターンで何のメッセージもないという印象を持ちましたね。社畜社会を絶対視して、それに適応しない人間はダメというふうなことを言っています。当然現状の社畜社会が絶対的に正しいわけがない。まあ、マスゴミ側の人たちってのは社畜社会の申し子ですから、自分たちを正当化する意味でも社畜社会を絶対視しているんでしょうけど。それ以前に彼らはそういう疑問をもつ頭もないでしょうかね。報道する側なのに。

人気ブログランキングへ
東大生ブログランキング
FC2ブログランキング[ニート ランキング]

中国人が見た日本の大学

なんか面白い記事発見しました。


【中国ブログ】「テストの点数より出席率を重視」の日本に「?」
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=0908&f=national_0908_013.shtml
  ブログの著者、「芝麻開門975(ハンドルネーム)」さんは、日本に留学中の友人から聞いたエピソードを次々と披露、中国の学生が送る生活との違いに興味を示している。中でも「日本の大学はテストの点数よりも出席率を重視する」との話には、驚きを隠せない。

  「芝麻開門975」さんは、「(友人が)留学中の大学では、授業料の一部免除がある上、生活費や医療費などで補助もある」、「日本は“アルバイト天国”だけど、留学生は週28時間以上働いてはいけない」などの話を次々と紹介、友人を通じた「異文化体験」に興味を示した。

  しかし、日本の大学の成績のつけ方については、「日本では、学習態度の良し悪しが、授業の出席率に表れる、と考えられるようだ」と驚きをもって受け止めており、「授業の欠席が目立つようであれば、たとえ試験でいい成績を修めても、単位を取得できない」との友人の話にも、「中国の大学生の多くは、普段の授業をサボり、試験前に猛勉強するというペースに慣れきっている。日本に『学習態度第一、成績は二の次』との方針がある、というのには閉口した」などと記した。

  「芝麻開門975」さんはこのほか、「日本では、遅刻の理由を、電車が遅れたから、といううそは通用しない。なぜなら、教員から、各交通機関で到着の遅れを詫びる“遅延証明”の提出を要求されるから」とのエピソードにも、「日本人の時間への厳格さに驚愕した」と心境を吐露し、日本で学ぶには、時間を守り、出席率を重視しないと、単位を落とす可能性がある、などと注意を呼びかけた。

**********

  外国人留学生によるアルバイトには、「出入国管理及び難民認定法(入管法)」により、活動の時間や場所など、細かい制限が伴う。しかし近年、学費や生活費などのため、アルバイト先を複数かけ持ちし、多額の報酬を得ようと試みる学生も増えているといい、問題視されている。


 よく日本と対極に挙げられるのは欧米ですが、(欧米よりは)日本と近い存在だと思われる中国の人から見ても、日本のムラ社会や教育というのはおかしいようです。

それでは順番に見ていきましょう。

授業料の一部免除がある上、生活費や医療費などで補助もある

これって日本側が出しているんですよねたしか。国内の学生には詐欺まがいのことをして金を巻き上げているのに。このほかにも、国内はどんどんブラック化しているのに外国への援助はたっぷりなんですよね。

日本は“アルバイト天国”だけど、留学生は週28時間以上働いてはいけない

28時間以上働いてはいけないんですか。はじめて聞きました。このことはよくわかりませんが、学生はアルバイトをするものだとか、アルバイトという安い労働力を前提としているのはもしかしたらおかしいのかもしれませんね。

そして本題

「日本では、学習態度の良し悪しが、授業の出席率に表れる、と考えられるようだ」と驚きをもって受け止めており、「授業の欠席が目立つようであれば、たとえ試験でいい成績を修めても、単位を取得できない」との友人の話にも、「中国の大学生の多くは、普段の授業をサボり、試験前に猛勉強するというペースに慣れきっている。日本に『学習態度第一、成績は二の次』との方針がある、というのには閉口した」

やはりムラ社会の中では、能力よりいかに従順であるかが評価の基準なんでしょうか。
 そういえば中学高校くらいだと、定期テストと実力テストというのが分かれていて、定期テストでは頭を使わなくても教師が言ったことを覚えていれば得点できましたね。そして成績として残るのは定期テストのほう。
 大学においては実力テストというものはなく、さらに学習指導要領のようなものもないので、大学の成績というのはいかに教官のオナニー授業に同調したかで成績が決まりますね。そもそも、これは以前にも書きましたが、まともな授業をしていれば、出席率と成績には自ずと相関関係があるはずなんですよ。まともな授業をできないから、俺の持論をそのまま書いたら何点とか、出席は何点とかいうことになる。これに対して、塾や予備校なんかは、行ったところで出席点の加算なんてものは当然ありませんが、かなりの人が行っていたり、いった経験がありますよね。

 このように、出席点というのは授業が下手なのを隠す手段であると同時に、従順さを求めるムラ社会の特徴のあらわれだともいえるのではないでしょうか。

それから面白いのは

中国の大学生の多くは、普段の授業をサボり、試験前に猛勉強するというペースに慣れきっている。

この箇所ですね。中国の大学も授業はいまいちなのでしょうかね。だから自分で勉強したほうがいいということになるのでしょうか。もし中国の大学の教官も授業が下手だとしても、テストの点数を最優先に考えるという点では、日本の大学の教官よりはいさぎよいと思います。

 たしか、日本の大学生と中国の大学生で学力を比較したところ、やはりという感じで中国の大学生のほうが高いそうですね。ソースは見つけられませんが。日本の大学生はというと、中学レベルの内容でも怪しい場合が多いようです。普段の授業をサボっているのは同じ(この記事ではむしろ中国のほうがサボっているような書き方ですね)でも、ずいぶんと違うものなんですね。


人気ブログランキングへ
東大生ブログランキング
FC2ブログランキング[ニート ランキング]
東大生ブログランキング(携帯)

東京大学進路の再検討

こんなコメントをいただきました。

院卒には相当数のロンダ組が含まれていて、ロンダの方が進路未定者になりやすいと思われるので、学部3200人中半分がニートは成り立たないのでは。

 実はこういう指摘は予想していて、それに対する回答も考えていたんですね。厳密な計算は不可能ですが、このロンダと呼ばれる大学院外部入学者を考慮して計算をしたいと思います。

まず、毎年同程度の数の卒業者、大学院進学者がいると仮定します。この仮定が嫌だという人はまあ、完全な嘘だと思ってもいいですけど。

それでは、学部、修士、博士の総卒業者数を計算します。参考データは先日の記事です。

3228+2884+1575=7687

ここから学部→修士および修士→博士の進学者数を引きます。

7678-1687-858=5124

これが仮想の一学年の人数と考えられます。

進路が「その他」の割合は

1584/5126≒31%

 ということで3割程度が仮想の進路不明者の数ということになります。個人的名見解では一学年5000人もいるとは思えないので、その他の割合はもっと大きいのではないかと思うのですけどね。

 ということで、東大様の肩を持つ計算をしてその他の割合を下げたわけですが、それでも3割が不明ということです。ちなみにロンダといわれる大学院からの入学者と学部からの入学者で就職率に差があるとは個人的には思いません。私の出身学科ではむしろ大学院から入学した人のほうがリア充が多くて就職もいいように思います。学部からいる人が大学院からの人より不明の割合が低いということはないと思います。

 いずれにせよ、大学院からの入学者というのも東京大学および大学院の卒業者、修了者であるので、3割が不明というのは大学としてはいろいろな意味で怠慢であると言えるでしょう。大学院が肥大化したのも大学のエゴというのが有力な説ですしね。
 もちろん社畜になりたくないという理由ではじめから就職せず自営業を目指すのであればそれはいいことでしょう。しかし、そういう人はおそらくほとんどいないのではないでしょうかね。また、実際に自営業で生計をたてている人といえばもっと少ないでしょう。たいていは私のように自給自足の生活は不可能でしょう。やはり東京大学は本来の機能があったかはわかりませんが、機能を果たしていないと言えるのではないかと思います。

ブラックな教育制度崩壊のためクリックをお願いしますw
東大生ブログランキング
人気ブログランキングへ
FC2ブログランキング[ニート ランキング]
東大生ブログランキング(携帯)
バナーはくっつけてみましたけどどうでしょう。

【ついにメス】東京大学の進路状況

 はい、ブログ開設当初から書こうと思っていたネタをついに書こうと思います。テレビ出演で大勢の人が来ることも予想されますしね。

 よく、東大生の何割がニートになる危機感を持っているとか、何割が就職も進学もしないとかいう記事がありますが、本当のところはどうなのかということですね。それでは新設にもネット上に公開されていましたので見ていきましょうか。

参照はこちら
http://www.u-tokyo.ac.jp/gen03/kouhou/1375/06.html

とても1回の記事では語りつくせないと思いますので、数回に分けていこうと思います。今回はまず、進路不明者の割合だけを検証しようと思います。

data1.png
data2.png
data3.png

 それではいってみましょう。まず、学部卒業者は3228人で、その他、上記以外になるのは372人です。私もここに含まれますね。まあ、一番多いのが東京大学大学院への進学でしょうか。次いで就職。さあ、一般的な記事では、ここでその他が12%でニートが12%と言っていますが、事態はそんなにいいものじゃありません。

 続いて修士課程修了者でその他、上記以外は348人です。さらに専門職大学院は279名とありますが、ほとんどが法科大学院ですので、おそらく法曹関係をその他に入れていると思われるので、ここではカウントしないであげましょう。

 そして博士課程はなんと814人。まあ、博士課程修了者はすぐには就職しないのがデフォだといいますから、大学側からすれば自然なことで特に恥じるべきではないのでしょうね。個人的には東大の博士まで行っておいて就職がないのは異常事態だと思いますし、おそらく博士の人もどこかに主に研究職として就職したいんだと思いますけどね。つまり、恣意的ではありますが、望まない進路を余儀なくされているという意味でこの814人は失敗した人(うまい言葉が見つからなくてすまそ)にカウントしたいと思います。

さあ、学部、修士、博士を合算してみましょう。また不得意な計算だわ・・・

暗算で
1584人です

東京大学の一学年の人数が3200人程度だということを考えると、約半分が卒業後の進路が不明ということになります。

タイトルの下に約半数が進路不明って書いてますけど、これは実は本当のことだったんです。

さて、次回はこの数字について好き放題書こうと思います。

新連載スタート記念クリックお願いします
東大生ブログランキング



人気ブログランキングへ




FC2ブログランキング[ニート ランキング]




東大生ブログランキング(携帯)

Page Top

プロフィール

ばいお

Author:ばいお
東大バイオ卒ニート(もちろん職歴なし)
1984年生まれ
性別 男
廃人、ぼっち(孤立)、喪(モテない男)、無い内定の元4冠王。
今は田舎でひっそりニートをしています。

【お知らせ】
講演、執筆依頼、採用希望などは下記メールアドレスへ連絡お願いします。
baionaneet@yahoo.co.jp

俺のことを雇えるもんなら雇ってみろ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク

このブログをリンクに追加する

あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カレンダー
08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
訪問者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。