1. Top » 
  2. バイオ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

バイオ院生自殺

ヌー即です!
東北大大学院生が自殺…博士論文、2年連続受け取り拒否され
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090513-00000525-yom-soci
 東北大は13日、大学院理学研究科で教員の指導に過失があり、担当していた大学院生の自殺につながったとする内部調査結果を公表した。

 大学院生は2年続けての教員による博士論文の受け取り拒否などで修了できなかった。同大は懲戒委員会で処分を検討しているが、この教員は今月に入り辞職した。

 同大によると、自殺したのは理学研究科で生物関係の研究をしていた博士課程の男性大学院生(当時29歳)。大学院生は昨年8月、研究のデータ集めをした滋賀県内で自殺した。遺書には指導法への不満などはなかったが、翌月、両親から男性准教授(52)の指導に問題があったのではとの指摘を受け、内部調査委員会を設置していた。

 大学院生は2007年12月、博士論文の草稿を事前提出したが、准教授は大学院生と十分に議論せず受け取りを拒否。准教授は06年11月ごろにも、論文提出を延期するように指示しており、大学院生は2年連続で博士号の取得に失敗した。

 調査は、残された論文草稿やデータを見る限り、大学院生の研究は博士論文の審査水準に到達していたと判断。准教授が、具体的な指示を与えず、適切な指導を行わなかった結果、大学院生は学位取得や将来に希望を抱けなくなり、自殺に至ったと結論づけた。准教授は、08年1月に科学誌から大学院生の論文が掲載を拒否され、書き直しが必要になった際も、適切な指導を行わなかった。准教授は調査に「論文提出の直前までデータ整理に追われており、時間がかかると判断したが、指導に不適切な点があった」と話したという。


 ご覧のとおり、バイオ院生が自殺しました。どうもアカデミックハラスメントというやつのようです。博士論文って出す前からいいか悪いか決まっているんじゃありませんでしたっけ? なにか雑誌に載ったかどうかで。私も雑誌に載ったので博士になれるのでしょうか? まあ、なりたくありませんけど。それでバイオ博士のような何の役にも立たないものでも無駄に修了するのが難しいそうな。私がいたところでもそれで留年する人がいたような気がします。それで博士取得の条件を満たしていたということは、やはりアカハラというやつのようですね。

 まあ、この事件とバイオ問題はあまりリンクしないと思いますけど、取ったからといって特に役に立ちもしないバイオ博士なんて、欲しいって言って授業料も払ってるならあげればいいんじゃないですかね。工学や医学の博士なら基準が厳しくてしかるべきだと思いますけど。

 さて、この大学の教員がDQNなのはどこでも同じことでしょうね。それなのに権限を持ってしまっているから困ったものです。それによほどのことがなければチェックされることもありませんしね。
 
 ちなみに私のいたところではアカハラはなかったと思います。基本的に放置でしたね。ニートになるとしても放置w まず教員、特に教授なんかとは接触することはなかったですね。院生でも教授室に入ったことは数回なんて人もいました。教授にもよりますが、大学にあまりいなかったような気がします。直接指導する人も私が後期に世話になった人くらいしかいなかったと思います。ネットではピペドとか言われて過酷なことをされられている人が多いようですが、私のいたところは放置でした。その結果無職が大量発生しているようですけど。まあ、バイオ教員に尽くしたとしてもどうせ報われないので、放置のほうがまだいいのでしょうけどね。だからそれほど熱心にやらなくてもいいのに、中には基地外みたいに夜遅くまで実験している人もいましたね。学科ではそれで評価されるでしょうけど、どうせ何の役にも立たないのはいうまでもありません。

 とにかく無職になるやつ多すぎだろ。オナ研ばっかしてないで何か対策を考えろと。

東大生ブログランキングFC2ブログランキング[ニート ランキング]人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

正義の味方ばいおが詐欺を告発します

 スレに貼られていました。 たぶんバイオ関連スレにも貼ってあるかと思いますけど。

http://www.sojo-u.ac.jp/site/view/contview.jsp?cateid=4&id=1116&page=1

 なんとか大学生物生命学部のHP

 日本におけるバイオテクノロジー関連学科のパイオニアであること、ライフサイエンス分野における世界トップレベルの研究機関であること、これらを自負する応用微生物工学科と応用生命科学科が、より緊密な連携をめざして2005年に開設した生物生命学部。その使命のひとつは次代の研究者育成。教員1人あたり学生4人という比率を活かした濃密な教育、基礎から応用・実用化に至るまでをカバーする教授陣、最先端かつ最新の設備や機器を用いた演習や実習、これらにより本学・生物生命学部は、学生を研究者がめざせるレベルへと育てます。

 バイオテクノロジー学科のパイオニアですか。まあ、パイオニアはどこかにはいますよね。俺も東大バイオ卒ニートのパイオニアなんですかね。
 教員1人に学生4人ですか。ただの余剰人員なんじゃないですかね。まあ、私の出身学科はもっと多かったような気がしますけど。そんなにたくさんの教員の給料どこから出すんだよ。俺にくれよ。

 応用、実用化に至るとありまずが、どのような商品なのでしょうか。そして、研究者を目指せるんですか。まあ、目指すだけなら誰でもできますね。そもそもバイオ研究者って何をしている人なのでしょうか。民間の研究者とか言ってタダのオタクだとかいうこともありますしね。

業界の垣根をこえたバイオ関連事業への異業種進出が目立つ今、バイオのプロとしての学びを修めた学生を求める企業は多岐にわたります。本学・生物生命学部ではこれに呼応した実学志向の教育を展開。先進の研究に即した高度な知識・理論・技術の修得、研究開発従事を想定した専攻学修、社会人基礎力となる英語や情報処理の能力養成、これらを徹底して行うことで、学生たちを“就職に強い”バイオのプロへと育成。進路選択の幅を大きく広げます。

 業界の垣根をこえてるんですか。たしかに、私も業界の垣根はこえていますね。勝手に就活氏ねとか言ってますからね。私の出身学科でもSEや出版、外食など就職先は幅広いようですし。就職に強いですか、それはない。

 本学・生物生命学部では、在学中の起業や難関資格の取得を目標とするように指導。起業については「特許講座」や大学発ベンチャーのノウハウを提供、学生に高い可能性を与えています。難関とされる資格の取得については、目標意識を持ち続けることが大切。導入授業により生物系学修の基礎を固め、高いモチベーションを維持させます。あわせて早期より、資格取得試験にむけた対策講座なども開講。取り組む学生へ、合格を徹底サポートします。

 資格取得ですか。何の資格でしょう。ニチイとかユーキャンみたいなものでしょうかね。とりあえずバイオ関連の資格とか聞いたことありませんよ。難関資格なんてもちろんない。そして起業w まあ、起業は誰でもできるのかもしれませんが、うまくいくのは一握りでしょうね。たしかに起業してうまくいった人もいるようですよ。某健康系通販サイトを立ち上げた人が東大バイオ卒だったようです。出身学科の教員が担当していたそうです。まあ、それしか聞いたことありませんけどね。そもそも起業を指導とか。儲かると思ったら指導する前に自分で起業するんじゃないですかね。

 これってJAROに電話したほうがいいのでしょうか。

本日も恵まれないニートに情け深いクリックお願いします
東大生ブログランキングFC2ブログランキング[ニート ランキング]人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ




義務教育の理科の授業時間はさらに減らしてもよい

 人が集まりそうなタイトルにしてみましたw まあ、内容は想像できる人ならもう想像できれるんでしょうけどね。

減らしてもいいんですよ、生物分野をね

 さて、小学校はよくわかりませんけど、中学校でいらないようなところといえば、まあ、生物の分類とかですかね。何がセキツイ動物で何が無セキツイ動物とか、魚類とか両生類とはどうでもいい。しかもあの分類っていい加減ならしいですよ。さらにいらないのが私の専攻していた植物w 最初に藻類が登場して、その後にコケ、シダ、裸子、被子植物と登場したとか本当にどうでもいい。まあ、生物で必要なとこは家庭科とか保健体育に入れればいいんじゃないでしょうかね。これで単純計算で4分の1が削減可能w だいたい、物理や化学と生物が同じ量とかアンバランスですよ。当然物理や化学の分野はもっとやらないといけない。分野自体が広範で高度なんですから。

 あと多少建設的な話をすれば、技術とかはもっと増やしたほうがいいんじゃないでしょうかね。日本は工業国ですし、理数も技術と関連付ければ嫌いな人も減るんじゃないかと。それに、私の年代くらいだとたいていの人は遊びでガンプラだのミニ四駆とかでものづくりの真似事は経験してますけど、これも最近の世代はあんまりやってないような気がします。これは想像ですけどね。工学部に入るのに工具も触ったことないようじゃ問題があるんじゃないですかね。さすがにそういう人はほとんどいないと思いますけど。かく言う私は、実は勉強といえば机に向かってやるものしか連想しないんですけどねw たぶんこれじゃあいけないんでしょう。

 さて、今回からバイオ叩きもぼちぼち復活させようかと思います。関西のあたりで何かが起こっているようですので。

東大生ブログランキングFC2ブログランキング[ニート ランキング]人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ

久しぶりにバイオ関連の記事

 久しぶりに2chでバイオ関連スレ見てました。まあ、相変わらずといった感じでしたね。そんな中とあるブログが紹介されていました。

http://elangel.exblog.jp/

 タイトルは皆殺しとかちょっと危ない感じもしますが、まあバイオ批判をしているブログですね。なんか私のことも紹介されているようです。

http://elangel.exblog.jp/10829952/

曰く
ばいおニート・・・そもそもバイオ批判をしてない・考え方がニート過ぎて思考を共有できない

 そういえばそうですね。バイオ批判は旧ブログのとき一通りやったのでもういいかなと思っています。もっと言えば、バイオがクソな分野であることは明らかだし、クソな理由も役に立たないとか、誰にでも理解できるとかそんなありきたりなことで、なにか独自の視点で批判するまでもないんですね。バイオは批判する対象としても面白くないわけですね。

 ともあれ、このブログを書いている方によれば、他にバイオ批判をしているブログはないようなので、この方には頑張ってほしいところです。久しぶりにバイオ関連スレを見て自分がバイオ難民だったことに気づきましたw

 まあ、バイオ批判をしていたころはまだ多少は社会に適応する気がありましたけどね。そんな気がなくなった今でも、バイオに行ったことはやはり失敗だったと思います。以前にもバイオはオナニートとしても面白くないと書きましたが、本当にそのとおりです。前田さんのように法律の話もできませんしね。私はなにも高度な知識がありませんね。生物に関して高度な知識があって、ブログに書いたとしても前田さんのようなブログにはならないでしょうし。

 ということで、私なりにバイオ批判をするとすれば、オナニートとしても最弱だってことくらいでしょうかね。

 そういえば私の出身学科の進路をまだ晒していませんでしたね。そろそろ晒しましょうかw

東大生ブログランキングFC2ブログランキング[ニート ランキング]ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ


バイオの時代はやってくるのか

 コメントでこんなのが寄せられていました

http://www.nhk.or.jp/special/onair/090215.html

東京23区程度の面積に480万人が住む都市国家シンガポール。最新の統計では、一人あたりのGDPは3万5千ドルを超え、日本を抜いてアジアで最も豊かな国となった。日本以上に狭く資源もないこの国の急成長を支えているのは、独自の人材確保政策。政府は『向こう20年間に200万人の高度専門人材の移民を受け入れる』という大胆な方針を発表した。世界的な金融危機の影響を大きく受ける中でも、その方針は揺らいでいない。
現在は将来を見据え、バイオや環境などの研究開発分野で優秀な人材獲得に力を注いでいる。最新の研究施設バイオポリスには、クローン羊を生んだイギリスのコールマン博士や日本人の研究者が、破格の研究費と待遇で続々と集められている。一方で、この政策は冷徹な側面も併せ持つ。未熟練の外国人労働者は家族を呼びよせることはもちろん、永住を防ぐため住民との結婚も許されない。 
リー・シェンロン首相のもと強引とも言えるトップダウンで政策を実現してきた『シンガポール株式会社』のしたたかな戦略を描く。




 まず、シンガポールは豊かになったとのことですが、どうして豊かになったのでしょうか。どんな産業で。まあ、バイオ産業ではないでしょう。
 まあ、頭脳で発展していこうというのは感心しますけど。たしか、シンガポールって学力がめちゃくちゃ高いんですよね。国際比較で数学、理科ともに1,2位だったような。そのおかげで豊かになったといえるのではないでしょうか。そして、そんなシンガポールが次に力を入れようとしているのがバイオだと。
 で、日本人研究者(笑)を呼び寄せている。外国のことはしりませんが、日本のバイオ研究者なんか呼んでもどうにもならないと思います。バイオのことだけ知っていてもどうにもできませんからね。このへんは2chにさんざん書かれていますけど、バイオの人間だけで何かをするってことはないんですよね。どうしても工学の力が必要になる。少なくとも私が知っている範囲ではそうです。まあ、日本のバイオ研究者はみんなそんな感じではないでしょうかね。調べることしかできない。小さいことしかできない。
 世界でトップといっていい教育水準を誇るシンガポールがバイオに手をつけたらどうなるのか、非常に見ものだと思います。もしかしたらバイオの時代が来るのかもしてませんね。といっても、バイオの時代といっても日本の大学でやっているようなバイオ研究とは関係ないような、高度な技術が生まれるんでしょうけど。いうまでもなく、すでに大学を卒業した日本のバイオ出身者が救われることはないでしょうね。なにもできないんですから。

 そもそも、生物学って基礎研究じゃないでしょう。基礎っていうのは物理学とか化学なんですから。生物というのも物理とか化学で理解されるものなのでしょう。なのに、バイオの連中は物理も化学も知らない。
 

 とにかく、バイオ難民であふれかえる国がこれ以上できないことを祈ります。

東大生ブログランキング\(^o^)/就活ブログランキング\(^o^)/FC2ブログランキング[ニート ランキング]人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ

Page Top

プロフィール

ばいお

Author:ばいお
東大バイオ卒ニート(もちろん職歴なし)
1984年生まれ
性別 男
廃人、ぼっち(孤立)、喪(モテない男)、無い内定の元4冠王。
今は田舎でひっそりニートをしています。

【お知らせ】
講演、執筆依頼、採用希望などは下記メールアドレスへ連絡お願いします。
baionaneet@yahoo.co.jp

俺のことを雇えるもんなら雇ってみろ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク

このブログをリンクに追加する

あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
訪問者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。