1. Top » 
  2. 社会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

みんな嫌がっているのにやめない

今日は岩手ぬるぽーの記事から。つーか新聞社なのにアドセンスとか・・・

中学校41%守られず 第2・4日曜の部活動休養日
http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20090902_15
 岩教組(豊巻浩也委員長)の部活動検討委員会は、県内中学校の部活動実態を把握するためアンケートを行った。その結果、「第2・4日曜日は休養日」という県中学校校長会の取り決めについて「守っていない」と回答した中学校は41%に上った。部活動休養日の徹底は、教職員の多忙化解消と過熱する部活動対策の両面から求められている。しかし、「1年中活動が行われている」と答えた学校も19%あり、周知徹底が進んでいない実態が浮き彫りになった。

 アンケートは昨年9~11月に岩教組の分会がある191校を対象に実施。155校から回答(回収率81%)を得た。

 休養日の取り決めを「守っている」「守られていることが多い」と回答した中学は88校、57%。「守られていない」「守られていないことが多い」は64校、41%あった。

 休養日が守られていない理由については「シーズン中や大会近くでは部活動をしてもよいことにした」が10校、「事実上、1年中活動が行われている」が29校あった。

 アンケートでは「部活動は学校活動から切り離し学習指導に専念したい」「生徒数に比べ部が多く顧問の負担が大変」「休日は部活動で休めない」などの意見があった。

 地域別では、気仙支部は「守られていない」との回答がゼロだった。気仙地区中体連は3、4年ほど前から休養日の取り組みを強化している。

 同地区中体連会長の今野洋二大船渡・第一中校長は「当校は土日のどちらか週1回休むことにしている。地区内では、休養日に部活動をしていた―と連絡が入るくらい徹底している」と語る。

 県教委の多忙化解消検討ワーキンググループは3月、休養日の徹底などを提言。これを受け県中体連は、5月の総会で取り決めの実行を求めたほか、ポスター約650枚を作製し各校に配布した。

 県中体連会長の工藤保・下小路中校長は「先生の働く環境だけでなく、子どもに適度の休養を与えることは重要だ。気仙のように成果を挙げている地区もある。真剣に取り組みたい」としている。

 調査結果を踏まえ岩教組の部活動検討委員会は▽休養日の徹底▽総合型・地域クラブ設置と移行▽スポーツ医科学を取り入れた指導―などを提言。

 同検討委員会の砂金良昭岩教組副委員長は「ゆとり教育見直しの議論の中、部活動も余裕をなくし過熱している。当面は子どもと教職員のため休養日の徹底を求め、将来的には地域で担う部活動を提案していきたい」としている。


 まあ、見てのとおりです。そもそも平日学校あるのに土日も休みがないとかひどすぎる。だから部畜は優れた社畜になれるんでしょうけど。

 さて、ここで興味深いのは教師も多忙で本当は嫌がっているということですね。じゃあ生徒がどうしてもやりたいと言ってるかといえば、実態は知りませんけど、生徒側だって休みたいと思っているのでしょう。なのに休まないw

 基地外みたいな保護者がコーチでもやっているとしたら、別に教師は付き添わなくていいでしょうし、そういう保護者がついているというところもおそらく稀なのではないでしょうかね。むしろ保護者も役員とかできればやりたくないでしょうし。

 しかも、おそらく週1,2回休むのと休まないのとでそんなに成績って変わるんでしょうかね。むしろ休まないほうが成績悪くなりそうですけど。というか、岩手の中学教師はまず本業の教科指導をどうにかしろと。

 さて、このみんなが嫌なことを続けると言うのも、ムラ社会で特徴的な非合理な現象だと思います。ここにも空気嫁みたいな心情が働いているのでしょうかね。でも、みんな嫌がってるじゃまいか、空気嫁とはならないんですね。不思議なものです。

 他に付け加えるとしたら、やはり地方は時代遅れの傾向があるので、岩手はいまだに体育会、運動部マンセーなんですよね。全体としてはもう衰退傾向なんですけどね。まあ、教師という人種も社畜同様硬直的で時代遅れで腐敗している傾向があるようですし。

↓ランキングが下降気味です。たしけて・・・
人気ブログランキングへ
東大生ブログランキング
FC2ブログランキング[ニート ランキング]
東大生ブログランキング(携帯)
スポンサーサイト

中国人その2

中途半端な時間ですが、外国人ブログ特集でまた注目すべき記事を見つけたので書こうと思います。似たようなことを以前にも書いたことがあるような気もしますが・・・

【中国ブログ】複雑? 「先輩・後輩」にこだわる日本社会
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=0907&f=national_0907_014.shtml


  日本在住の「唐辛子さん(ハンドルネーム)」は、自身のブログで、日本の人間関係について「小学生ですら、自分が2年生になると、新入生の“お兄ちゃん、お姉ちゃん”として、学校の内外で先輩らしく振舞うことが要求される」、「これほど“先輩”、“後輩”にこだわる民族を見たことがない」と驚きをつづっている。

  「唐辛子さん」は、日本人の「先輩」の定義を、「入学あるいは就職で、自分よりも早く入った人」と位置づけ、「たとえ自分の年齢が相手より上でも、相手の入学や就職の時期が先であれば、相手はもう『先輩』なのだ」と解説した。また、「後輩が新たな環境でいち早く受け入れてもらうためには、先輩と上手に付き合うことが有効だ。先輩にもそんな後輩の面倒を見る責任と義務がある」と処世の「秘訣」を伝授した。

  このほか、学生と社会人における「先輩・後輩」の上下関係の違いにも触れており、「学生時代の上下関係は比較的簡単だ。部活動などで同級生や上級生、下級生との人間関係を学ぶ、初めての機会だし、先輩に認められたければ命令を絶対として、従っていればいい」と助言する一方、「先輩の人柄いかんで、後輩の学校生活の良し悪しが左右される」とも言及、たびたび報道される、学生のリンチ事件についても「上下関係が引き起こすものも少なくない」と懸念を示した。

  職場での上下関係については、「日本企業にはまだ、『年功序列』にこだわる習慣も残っているが、時として先輩より優秀な後輩が、先輩や先輩の上司を飛び越してしまった場合は、能力のあるものが社会的『先輩』として認められるようだ」と紹介、日本の社会での人間関係の複雑さを強調した。

  ブログの後半では、「しかし、当人同士にとっては、最初の上下関係は絶対のようで、酒の席などでは、社会的地位が上の「後輩」が、万年係長の「先輩」の愚痴聞き役に徹する場面も多く見かける」との「実情」も挙げ、「上下関係も、要はいかに上手く処理するかで、それは個人の“腕”にかかっている」との独自の視点で結んだ。

  同ブログには、「尊敬するわ~」、「見習うべきだね」、「その観念、中国にもあればいいな」など、好意的な感想が多かったほか、日本で生活すると見られる人には「その感じ分かる!」、「だから時々、仕事相手の日本人をどう呼べばいいか分からなくなる」と、著者に同調する声も寄せられた。


 これって記事結構長いですね。

 さて、この先輩後輩というのも、ムラ社会、社畜社会で特徴的な文化なのでしょうね。もちろん私の見解としては、この先輩後輩文化というのはクソだと考えております。

 当たり前のことですが、相手が年上だからといって媚びる必要もないし、逆に年下だからといって自分の思い通りにしてよいということもありません。上の者が下の者の面倒をよく見ることは一見よいようにも思われますが、この自然発生的というか、偶発的に結ばれた先輩後輩関係では、当然技術や知識の伝承が効率よく行われているわけもありません。

 そして一番問題なのが、先輩後輩関係は、主に悪いことの伝達手段となっていることです。ここにも学生のリンチ事件についても「上下関係が引き起こすものも少なくない」と書いてありますが、先輩後輩関係を経験していない私でさえも先輩後輩という関係によって伝わる悪しき慣習というものはたくさん思いつきます。

 中高生の主にブカツにおける先輩後輩関係では、非行が伝わります。先輩から後輩にタバコとか、窃盗とか、暴力とかが伝わるように思います。一方私のように先輩がいない場合は、そんなことは知る由もありません。

 また、大学生くらいですと、先輩が授業をサボっていると言っていたのでサボるとか、学年が入り混じった講義で上級生の怠惰な態度が自然と伝わったりします。他には酒とかセックスなんかがあるでしょう。ともすれば麻薬なんてのも伝わるかもしれません。また社畜の間の先輩後輩関係も似たようなものでしょう。私は社畜になったことがないのでこれはよくわかりませんけど。

 さらにブカツの話もしたのでそのことも書きますと、ブカツというのも先輩同様悪いことが伝わるという機能があるのではないでしょうか。ブカツをやっている、いわば部蓄たちというのは、やはり他校との接触も多く、他校から悪いことを持ち込むことがあるでしょう。

 社会を正常な方向へ向かわせるためには、おそらくこのようなつながりを絶ったほうがいいのではないでしょうかね。

東大生ブログランキング
人気ブログランキングへ
FC2ブログランキング[ニート ランキング]
東大生ブログランキング(携帯)

現在の日本はファシズムである

 ファシズムの詳しい意味については言及しないでください。目立つタイトルをつけたかっただけです。

 さて、どんなところがファシズムかといえば、たぶん今までも指摘していると思うのですが、リア充至上主義のことです。逆に言えば非リアの迫害。

 今社会とやらでは、自由とか個性とか言っていますが、以前にも増してなにか1つのモデルのような人間を目指しているような気がします。
 
 趣味はテニス(笑)とかですかね。交友関係は広くなければいけない、恋愛をしなければならない、スポーツをしなければならない、就職であればバイトは接客じゃなければいけない、サークルはスポーツ系でなければいけない、人付き合い(笑)はよくなければいけない(つまり酒やゴルフは欠かせない)、それからタイムリーなところで言えば夏祭りには参加しないといけないとかですかね。他にもいろいろあるでしょうが、数多く列挙すればいいってものでもないのでこれくらいにしておきます。

 そういえば、前回の国立大学法人等職員採用試験(無駄に名前が長い)のときでしたが、TH大学の担当者は求める人物像とかいうのを言っていましたね。たしか、「積極性、柔軟性、協調性」の3つでしたね。これもお決まりパターンですねw

で、ふと思ったんですが

柔軟性がなければいけないって言うことこそ柔軟性がないんじゃないの?

 違いますかね。柔軟性とやらに固執してますよね。これは柔軟じゃないw 自分は柔軟じゃないけど、来る人は柔軟だといいってことですかね。

 それで、この理想像なるわけのわからんモデルにはどうあがいてもなれない非リアは、社会的に抹殺されてるんですね。なんという迫害、差別。

ブログランキング、まもなく5位以内復帰
東大生ブログランキングFC2ブログランキング[ニート ランキング]人気ブログランキングへ
東大生ブログランキング(携帯)

Be immoral and idle

 柄にもなく似非英語のタイトルにしてしまいました。というのも、おそらく日本語ではうまく書けないからでしょうか。

 インモラルといっても、社会に対してではありませんよ。公共の場所で大声を出していいとか、ポイ捨てとかがいいって言いたいわけではありません。

 何に対してかといえば、当然、社畜社会に対してです。参考サイトはニートの海外就職日記社畜.comブラック企業.comなどです。

社会人としての責任(笑)
 こういうときに利用されるのが、「社会人なんだがら」というフレーズのようです。選挙の投票率が50%にも満たなかったりする連中が何をいってるんだかと思いますね。
 で、ニートの海外就職日記から具体例を物色してみます。

■ 不文律が支配している。「先輩(上司)より先に出勤しろ」「早く帰るな」でサービス残業。「自主勉強会」「自主研修」や「清掃ボランティア」で、無給の休日出勤。

 これが礼儀(笑)なんですかねw この他にも、仕事が終わるまで帰れない、コスト削減に協力する、お酌や泥酔者の救護などですかね。こういうとをやらない人は社会人失格wならしいです。だから私はニートなんでしょうかね。

 この、社会人としての責任なるものを果たすため、社畜のたちは日々見返りを求めない愛情を会社に捧げているようです。まあ、好きでやっているならいいと思いますけどね。嫌なら拒否すればいいと思いますね、なんか、嫌なのにやっている人がいるように感じます。妄想かもしれませんが。

 私自身は職歴がありませんのでうまく書けないのですが、もっと自分勝手になってもいいのではないでしょうかね。もちろん会社に対しての話ですよ。社会に対してそうではいけないと思います。

東大生ブログランキングFC2ブログランキング[ニート ランキング]人気ブログランキングへ
東大生ブログランキング(携帯)

トラックバック的な記事【本題】

 この記事は、廃人オナニート日記の記事日本人の「個人主義」、ニートの海外就職日記の記事クソ会社にことごとく利用(悪用)される日本人的美徳。に便乗した記事です。

 とりあえず元の記事はこちら
http://news.livedoor.com/article/detail/2101297/


日本は個人主義か

 オナニート氏の見解では、日本は個人主義が強いらしい。たしかに放置自転車の列や、路上喫煙などを見ていればそうである。
 
 ただし、99%の人間は同時にヘタレ要素も持っていることにも着目したい。だいたいの人は小集団に属している。断続的にとりあげている、「優しい関係」というやつだ。日本人という言い方でさしささえないと思うが、日本人にとってはこの小集団こそが絶対の存在なのである。小集団に実質的な力は全くないけれど、絶対視している。ここからはずれると終わりならしい。

 ということで、 この小集団のローカルルール(これも効力は持っていないが)は絶対に守る。法律やマナーなんかよりも優先順位は圧倒的に高い。「みんながやるなら」というやつである。さきの例でいえば、みんながやっているから自転車を放置する。さらには、みんながやっているから飲酒する。レイプする。大麻を育てるなど、違法だが(というより、違法であるからこそといえるかもしれない)小集団の中で慣習となっていることは、絶対やらなければならない。やらなければ「はぶられる」からである。

 この話題はやはり優しい関係シリーズでこれからも断続的にとりあげていこうと思う。なぜなら、これが私が一番腹を立てていることだからである。

東大生ブログランキングFC2ブログランキング[ニート ランキング]人気ブログランキングへ
東大生ブログランキング(携帯)





 

Page Top

プロフィール

ばいお

Author:ばいお
東大バイオ卒ニート(もちろん職歴なし)
1984年生まれ
性別 男
廃人、ぼっち(孤立)、喪(モテない男)、無い内定の元4冠王。
今は田舎でひっそりニートをしています。

【お知らせ】
講演、執筆依頼、採用希望などは下記メールアドレスへ連絡お願いします。
baionaneet@yahoo.co.jp

俺のことを雇えるもんなら雇ってみろ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク

このブログをリンクに追加する

あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
訪問者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。