1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. マスゾエ様にカウンターパンチ
  4. 手抜きの保守記事 » 
  5. マスゾエ様にカウンターパンチ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

マスゾエ様にカウンターパンチ

(この記事は海外ニート氏の記事に便乗して書く、アクセス数増加と保守をかねた記事です。)

ひさしぶりに海外ニート氏(Job is Shit!氏)のブログを見ていたらこんな記事が
http://kusoshigoto.blog121.fc2.com/blog-entry-286.html

引用をさらに引用するので信用できないかもしれませんが引用

まあ、まもなく厚生労働大臣から降りることになるマスゾエ氏ですが、とてつもなく偉い立派な人なので引用する価値はあるはずです。

舛添要一厚生労働相は18日午後、横浜市内の街頭演説で、昨年末から今年1月にかけて東京・日比谷公園に設けられた「年越し派遣村」に関し、「(当時)4000人分の求人票を持っていったが誰も応募しない。自民党が他の無責任な野党と違うのは、大事な税金を、働く能力があるのに怠けている連中に払う気はないところだ」と述べた。

(中略)

舛添氏の発言は、与党側が「バラマキ政策」と批判する民主党との違いを強調する狙いがあるとみられるが、厳しい雇用環境が続く中、労働行政を担当する厚労相が失業者を「怠けている連中」と指摘したことは、不適切との批判は免れない。


 私の場合、民間企業に公務員、なんとか法人、総合職、一般職、技術職などありとあらゆるところを受けているんですけどねw それでも職にありつけない。一応社畜っぽく振舞ったこともあるんですけどやはりという感じで全部お祈りw たしかに最近は怠けていますけどw、それでも今年も10件は応募してるんですけどね。やはり怠けているのか、それとも働く能力がないのか、どちらかということになりますね。

 私が敗因を分析するとすれば、やはり社畜教育から逃げてきたからでしょうかね。道徳、友人、懇親会、ブカツ、同人活動、酒、セックス、スポーツ・・・

 さらに付け加えるとすれば、この記事にもあるように、ブラックを避ける権利はあるというのもありますが、厚生労働省であれば、国民に良好な労働環境を与えるのも役割でしょう。おそらくろくに内容も検討せずに求人を持っていったんでしょう。

新政権には無理だと思いますが一応雇用を守ることと、労働環境の改善も期待したいと思います。まあ、早速文句をいいたくなるような政策もありますけど。

東大生ブログランキング



人気ブログランキングへ




FC2ブログランキング[ニート ランキング]




東大生ブログランキング(携帯)


Comment

No Title

聞いた話では、この年越し派遣村の件では求人にかなり応募があったけど企業の方が全部断ってきたとか。

  • - [#-] |
  • URL |
  • 2009 09/06 (Sun) 22:52
コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://baiodao.blog86.fc2.com/tb.php/401-8089a5d0 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

プロフィール

ばいお

Author:ばいお
東大バイオ卒ニート(もちろん職歴なし)
1984年生まれ
性別 男
廃人、ぼっち(孤立)、喪(モテない男)、無い内定の元4冠王。
今は田舎でひっそりニートをしています。

【お知らせ】
講演、執筆依頼、採用希望などは下記メールアドレスへ連絡お願いします。
baionaneet@yahoo.co.jp

俺のことを雇えるもんなら雇ってみろ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク

このブログをリンクに追加する

あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
訪問者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。