1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. 中国人が見た日本の大学
  4. 大学 » 
  5. 中国人が見た日本の大学

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

中国人が見た日本の大学

なんか面白い記事発見しました。


【中国ブログ】「テストの点数より出席率を重視」の日本に「?」
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=0908&f=national_0908_013.shtml
  ブログの著者、「芝麻開門975(ハンドルネーム)」さんは、日本に留学中の友人から聞いたエピソードを次々と披露、中国の学生が送る生活との違いに興味を示している。中でも「日本の大学はテストの点数よりも出席率を重視する」との話には、驚きを隠せない。

  「芝麻開門975」さんは、「(友人が)留学中の大学では、授業料の一部免除がある上、生活費や医療費などで補助もある」、「日本は“アルバイト天国”だけど、留学生は週28時間以上働いてはいけない」などの話を次々と紹介、友人を通じた「異文化体験」に興味を示した。

  しかし、日本の大学の成績のつけ方については、「日本では、学習態度の良し悪しが、授業の出席率に表れる、と考えられるようだ」と驚きをもって受け止めており、「授業の欠席が目立つようであれば、たとえ試験でいい成績を修めても、単位を取得できない」との友人の話にも、「中国の大学生の多くは、普段の授業をサボり、試験前に猛勉強するというペースに慣れきっている。日本に『学習態度第一、成績は二の次』との方針がある、というのには閉口した」などと記した。

  「芝麻開門975」さんはこのほか、「日本では、遅刻の理由を、電車が遅れたから、といううそは通用しない。なぜなら、教員から、各交通機関で到着の遅れを詫びる“遅延証明”の提出を要求されるから」とのエピソードにも、「日本人の時間への厳格さに驚愕した」と心境を吐露し、日本で学ぶには、時間を守り、出席率を重視しないと、単位を落とす可能性がある、などと注意を呼びかけた。

**********

  外国人留学生によるアルバイトには、「出入国管理及び難民認定法(入管法)」により、活動の時間や場所など、細かい制限が伴う。しかし近年、学費や生活費などのため、アルバイト先を複数かけ持ちし、多額の報酬を得ようと試みる学生も増えているといい、問題視されている。


 よく日本と対極に挙げられるのは欧米ですが、(欧米よりは)日本と近い存在だと思われる中国の人から見ても、日本のムラ社会や教育というのはおかしいようです。

それでは順番に見ていきましょう。

授業料の一部免除がある上、生活費や医療費などで補助もある

これって日本側が出しているんですよねたしか。国内の学生には詐欺まがいのことをして金を巻き上げているのに。このほかにも、国内はどんどんブラック化しているのに外国への援助はたっぷりなんですよね。

日本は“アルバイト天国”だけど、留学生は週28時間以上働いてはいけない

28時間以上働いてはいけないんですか。はじめて聞きました。このことはよくわかりませんが、学生はアルバイトをするものだとか、アルバイトという安い労働力を前提としているのはもしかしたらおかしいのかもしれませんね。

そして本題

「日本では、学習態度の良し悪しが、授業の出席率に表れる、と考えられるようだ」と驚きをもって受け止めており、「授業の欠席が目立つようであれば、たとえ試験でいい成績を修めても、単位を取得できない」との友人の話にも、「中国の大学生の多くは、普段の授業をサボり、試験前に猛勉強するというペースに慣れきっている。日本に『学習態度第一、成績は二の次』との方針がある、というのには閉口した」

やはりムラ社会の中では、能力よりいかに従順であるかが評価の基準なんでしょうか。
 そういえば中学高校くらいだと、定期テストと実力テストというのが分かれていて、定期テストでは頭を使わなくても教師が言ったことを覚えていれば得点できましたね。そして成績として残るのは定期テストのほう。
 大学においては実力テストというものはなく、さらに学習指導要領のようなものもないので、大学の成績というのはいかに教官のオナニー授業に同調したかで成績が決まりますね。そもそも、これは以前にも書きましたが、まともな授業をしていれば、出席率と成績には自ずと相関関係があるはずなんですよ。まともな授業をできないから、俺の持論をそのまま書いたら何点とか、出席は何点とかいうことになる。これに対して、塾や予備校なんかは、行ったところで出席点の加算なんてものは当然ありませんが、かなりの人が行っていたり、いった経験がありますよね。

 このように、出席点というのは授業が下手なのを隠す手段であると同時に、従順さを求めるムラ社会の特徴のあらわれだともいえるのではないでしょうか。

それから面白いのは

中国の大学生の多くは、普段の授業をサボり、試験前に猛勉強するというペースに慣れきっている。

この箇所ですね。中国の大学も授業はいまいちなのでしょうかね。だから自分で勉強したほうがいいということになるのでしょうか。もし中国の大学の教官も授業が下手だとしても、テストの点数を最優先に考えるという点では、日本の大学の教官よりはいさぎよいと思います。

 たしか、日本の大学生と中国の大学生で学力を比較したところ、やはりという感じで中国の大学生のほうが高いそうですね。ソースは見つけられませんが。日本の大学生はというと、中学レベルの内容でも怪しい場合が多いようです。普段の授業をサボっているのは同じ(この記事ではむしろ中国のほうがサボっているような書き方ですね)でも、ずいぶんと違うものなんですね。


人気ブログランキングへ
東大生ブログランキング
FC2ブログランキング[ニート ランキング]
東大生ブログランキング(携帯)

Comment

No Title

要は俺の言うことをちゃんと聞いたから評価してやるよってことだよなぁ。
薄ら寒い。

あと出席重視の背景には単位取得できない生徒が多いと担当の教員の評価が下がるらしく、
テストより出席重視にすればバカでも通るので、教員の評価を下げずに済むって面もありそうですね。

  • - [#-] |
  • URL |
  • 2009 09/10 (Thu) 14:28
出席とるのか!?

BANWAです、ばいおさん。

いまどきの大学は出席をとるのか!?

俺の頃は出席なんかとらなかったお( ^ω^)

出席ゼロでも試験が良ければ「優」だったお

  • 宮廷 [#5/7n8OAQ] |
  • URL |
  • 2009 09/10 (Thu) 21:32
  • Edit
承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • - [#] |
  • |
  • 2010 10/13 (Wed) 16:00
コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://baiodao.blog86.fc2.com/tb.php/404-de8ca31a この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

プロフィール

ばいお

Author:ばいお
東大バイオ卒ニート(もちろん職歴なし)
1984年生まれ
性別 男
廃人、ぼっち(孤立)、喪(モテない男)、無い内定の元4冠王。
今は田舎でひっそりニートをしています。

【お知らせ】
講演、執筆依頼、採用希望などは下記メールアドレスへ連絡お願いします。
baionaneet@yahoo.co.jp

俺のことを雇えるもんなら雇ってみろ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク

このブログをリンクに追加する

あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
訪問者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。