1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. 中国人その2
  4. 社会 » 
  5. 中国人その2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

中国人その2

中途半端な時間ですが、外国人ブログ特集でまた注目すべき記事を見つけたので書こうと思います。似たようなことを以前にも書いたことがあるような気もしますが・・・

【中国ブログ】複雑? 「先輩・後輩」にこだわる日本社会
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=0907&f=national_0907_014.shtml


  日本在住の「唐辛子さん(ハンドルネーム)」は、自身のブログで、日本の人間関係について「小学生ですら、自分が2年生になると、新入生の“お兄ちゃん、お姉ちゃん”として、学校の内外で先輩らしく振舞うことが要求される」、「これほど“先輩”、“後輩”にこだわる民族を見たことがない」と驚きをつづっている。

  「唐辛子さん」は、日本人の「先輩」の定義を、「入学あるいは就職で、自分よりも早く入った人」と位置づけ、「たとえ自分の年齢が相手より上でも、相手の入学や就職の時期が先であれば、相手はもう『先輩』なのだ」と解説した。また、「後輩が新たな環境でいち早く受け入れてもらうためには、先輩と上手に付き合うことが有効だ。先輩にもそんな後輩の面倒を見る責任と義務がある」と処世の「秘訣」を伝授した。

  このほか、学生と社会人における「先輩・後輩」の上下関係の違いにも触れており、「学生時代の上下関係は比較的簡単だ。部活動などで同級生や上級生、下級生との人間関係を学ぶ、初めての機会だし、先輩に認められたければ命令を絶対として、従っていればいい」と助言する一方、「先輩の人柄いかんで、後輩の学校生活の良し悪しが左右される」とも言及、たびたび報道される、学生のリンチ事件についても「上下関係が引き起こすものも少なくない」と懸念を示した。

  職場での上下関係については、「日本企業にはまだ、『年功序列』にこだわる習慣も残っているが、時として先輩より優秀な後輩が、先輩や先輩の上司を飛び越してしまった場合は、能力のあるものが社会的『先輩』として認められるようだ」と紹介、日本の社会での人間関係の複雑さを強調した。

  ブログの後半では、「しかし、当人同士にとっては、最初の上下関係は絶対のようで、酒の席などでは、社会的地位が上の「後輩」が、万年係長の「先輩」の愚痴聞き役に徹する場面も多く見かける」との「実情」も挙げ、「上下関係も、要はいかに上手く処理するかで、それは個人の“腕”にかかっている」との独自の視点で結んだ。

  同ブログには、「尊敬するわ~」、「見習うべきだね」、「その観念、中国にもあればいいな」など、好意的な感想が多かったほか、日本で生活すると見られる人には「その感じ分かる!」、「だから時々、仕事相手の日本人をどう呼べばいいか分からなくなる」と、著者に同調する声も寄せられた。


 これって記事結構長いですね。

 さて、この先輩後輩というのも、ムラ社会、社畜社会で特徴的な文化なのでしょうね。もちろん私の見解としては、この先輩後輩文化というのはクソだと考えております。

 当たり前のことですが、相手が年上だからといって媚びる必要もないし、逆に年下だからといって自分の思い通りにしてよいということもありません。上の者が下の者の面倒をよく見ることは一見よいようにも思われますが、この自然発生的というか、偶発的に結ばれた先輩後輩関係では、当然技術や知識の伝承が効率よく行われているわけもありません。

 そして一番問題なのが、先輩後輩関係は、主に悪いことの伝達手段となっていることです。ここにも学生のリンチ事件についても「上下関係が引き起こすものも少なくない」と書いてありますが、先輩後輩関係を経験していない私でさえも先輩後輩という関係によって伝わる悪しき慣習というものはたくさん思いつきます。

 中高生の主にブカツにおける先輩後輩関係では、非行が伝わります。先輩から後輩にタバコとか、窃盗とか、暴力とかが伝わるように思います。一方私のように先輩がいない場合は、そんなことは知る由もありません。

 また、大学生くらいですと、先輩が授業をサボっていると言っていたのでサボるとか、学年が入り混じった講義で上級生の怠惰な態度が自然と伝わったりします。他には酒とかセックスなんかがあるでしょう。ともすれば麻薬なんてのも伝わるかもしれません。また社畜の間の先輩後輩関係も似たようなものでしょう。私は社畜になったことがないのでこれはよくわかりませんけど。

 さらにブカツの話もしたのでそのことも書きますと、ブカツというのも先輩同様悪いことが伝わるという機能があるのではないでしょうか。ブカツをやっている、いわば部蓄たちというのは、やはり他校との接触も多く、他校から悪いことを持ち込むことがあるでしょう。

 社会を正常な方向へ向かわせるためには、おそらくこのようなつながりを絶ったほうがいいのではないでしょうかね。

東大生ブログランキング
人気ブログランキングへ
FC2ブログランキング[ニート ランキング]
東大生ブログランキング(携帯)

Comment

No Title

お前から上下関係をとったら、誰もお前を尊敬しないだろうよ。

  • あああ [#LXxvSj.U] |
  • URL |
  • 2009 09/10 (Thu) 20:10
  • Edit
No Title

僕の勤めてる職場でも32の中途採用の男が、新卒で就職した27の女性に敬語使ってるし、女性に~君と呼ばれてる。
やっぱり、若いうちに就職しないといけないということですね、日本では。
僕も25歳で地方公務員となりますが、そういう境遇もあるんだろうな。

あと、昨日、3つ目の中核市市役所の結果が出まして、やはりここも最終合格しました。ここは、2011年に中核市になるので、僕達が部署で1期生になり、上記のようなうざい関係がないので、魅力的かもしれません。辞退するかもしれないけど‥

僕が思うに、C日程市役所は1番楽そうでいいですが、DQN大学新卒の年下上司が多そうなので、彼らに命令されると考えるとちょっと躊躇しますね。

  • 薬学部卒 基礎医学修士卒 [#-] |
  • URL |
  • 2009 09/10 (Thu) 20:35
DQN上司( ^ω^)

BANWAです、薬学部卒 基礎医学修士卒さん。

>DQN大学新卒の年下上司が多そうなので、彼らに命令されると考えるとちょっと躊躇しますね。

俺も少しだけリーマンしていたけど、確かに↑が一番きちいかったお( ^m^)



結局リーマンには全く適合せずだったお

  • 宮廷 [#5/7n8OAQ] |
  • URL |
  • 2009 09/10 (Thu) 21:14
  • Edit
井の中の蛙

>「これほど“先輩”、“後輩”にこだわる民族を見たことがない」

どれだけの民族を見たあとの言葉なのだろうか。すぐお隣の韓国も、先輩後輩を尊重する社会であることすら知らないくせに、ずいぶんと大口をたたくものだ。中国にも朝鮮民族がいるが、おそらく朝鮮民族との交流すらなかったのだろう。

>社会を正常な方向へ向かわせるためには、おそらくこのようなつながりを絶ったほうがいいのではないでしょうかね。

この結論にはずっこけてしまった。

中国にきてぜひ中国社会を見ていただきたい。「このようなつながり」がない中国社会の悲惨な有様を。中国ではリンチなど日常茶飯事だ。先輩後輩の意識などとは関係なく。

  • 楼主 [#-] |
  • URL |
  • 2009 09/11 (Fri) 14:05
No Title

先輩・後輩というしきたりはむしろ繋がりを断ってるだろ

こういう無意味な階級制度がなければもっと繋がりが強まるんじゃないの?w

  • - [#-] |
  • URL |
  • 2009 09/11 (Fri) 23:34
“先輩”とか“後輩”とか・・・

>「これほど“先輩”、“後輩”にこだわる民族を見たことがない」

中国の孔子だお?

最初に「先輩を敬え(長幼序あり)」というような学問を創作したのは・・・?

  • 宮廷 [#5/7n8OAQ] |
  • URL |
  • 2009 09/11 (Fri) 23:45
  • Edit
コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://baiodao.blog86.fc2.com/tb.php/405-ac7ac5e4 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

プロフィール

ばいお

Author:ばいお
東大バイオ卒ニート(もちろん職歴なし)
1984年生まれ
性別 男
廃人、ぼっち(孤立)、喪(モテない男)、無い内定の元4冠王。
今は田舎でひっそりニートをしています。

【お知らせ】
講演、執筆依頼、採用希望などは下記メールアドレスへ連絡お願いします。
baionaneet@yahoo.co.jp

俺のことを雇えるもんなら雇ってみろ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク

このブログをリンクに追加する

あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
訪問者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。